買い物かごをみる 会員登録&ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

リングサイズの測り方

指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まります。正確に計測したい方は、宝石専門店などでリングサイズゲージを使って計測してもらうのがいいのですが、次の方法を使えば、ご自分でもリングサイズを簡単に知る方法があります。

■糸とモノサシで測る
指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まりますので、糸を指に巻きつけてその長さを測れば、指周りの長さが分かります。その長さ(円周)をリングサイズ対応表で調べればリングサイズが分かります。
1.用意するもの
・木綿糸やひも...伸縮性のないもの。
・マジック...糸に印をつけます。
・モノサシ...ミリ単位で測れるもの。
2.リングを着けたいと思う指のいちばん太い部分(第二関節あたり)が計測箇所です。
3.用意した糸を指の計測箇所に巻きつけます。
注).きつすぎず、ゆるすぎず調度いい感じで巻いて下さい。
4.糸が重なる部分にマジックで2本とも印を付けます。
5.糸を伸ばすと、2箇所にマジックで付けた印があります。
6.印と印の間を測り、下のリングサイズ換算表からリングサイズを調べて下さい。

●リングザイズ表

1号40.8mm10号50.3mm19号59.7mm
2号41.9mm11号51.3mm20号60.7mm
3号42.9mm12号52.4mm21号61.8mm
4号44.0mm13号53.4mm22号62.8mm
5号45.0mm14号54.5mm23号63.9mm
6号46.1mm15号55.5mm24号64.9mm
7号47.1mm16号56.6mm25号66.0mm
8号48.2mm17号57.6mm26号67.0mm
9号49.2mm18号58.6mm27号68.1mm

※紙や糸で測る時の注意
紙テープや糸などを使って指まわりを測る方法は、ちから加減ひとつで大きく誤差がでます。ちからを入れすぎると小さくなり、ゆるんだ状態で測ると大きなサイズになってしまいます。特に紙テープなどを使うと紙の厚さで生じる誤差や、ねじれることで、かなり大きく狂います。正確なサイズから3号以上誤差がでることもあります。紙テープや糸などでの計測は、できるだけ一人で行わず2人で行って下さい。なるべくならリングサイズゲージの使用やアクセサリーショップで計測してもらってください。正確で安心です。

■ 指輪をつける指の意味
普段なにげなく付けているリング。デザインや他のリングとのコーディネイトによって、どの指にはめるかを決めている方が多くいらっしゃると思いますが、各指それぞれに意味を持っています。また、左右にも意味があります。基本的には右手より左手にする方がいいようです。それは、左手の方が敏感なため。左手で感じ、右手で表現するとか....。左手に付けることで、外的なストレスから守られる。右手に付けた場合は、活力をUPされるといわれています。また古くより右手は「権力と権威、左手は「服従と信頼」を表すと言われています。

●小指(a little finger)
ピンキー・リング チャンスや秘密の象徴。心をリラックスさせたり、思いがけないチャンスを招く転換の指といわれています。予知能力が身につき、直感力が鋭くなるといわれ、チャンスを求めるときに。

●薬指(the ring finger)
アニバーサリー・リング 創造のを象徴。特に左の薬指は、古代エジプトより神への聖なる誓いとして命に一番近い指、そして愛の血管が心臓に直接つながっているとされていました。薬指は10本のうちでいちばん動きが少なく、大切な指輪を落としにくい、という実用的な意味もありました。 東洋医学によれば、ここに指輪をはめると、大切なツボを刺激して健康になるとされる。はめると適度に肌が圧迫されるのも心地よく、普通の指輪もここだとよく落ちつくのです。また、ここに指輪をはめればエレガントな雰囲気に。

●中指(the middle finger)
ミドルフィンガー・リング 直感、ヒラメキの象徴。また、どんな指輪も良く合い、ユニセックスに着けられるのが中指。より高いゴールを目指す時、インスピレーションを求める時に。
薬指についでどんな指輪もよく似合います。自由きままに、カジュアルな気分が演出できる。独身の女性は中指に。魅力的になって、すてきな男性をひきつけるという言い伝えがあります。インスピレーションのわく指でもあり、創造的な仕事をするのに大切な指です。

●人差し指(an index finger)
インデックス・リング 人を導き教える時に。ここに指輪を着けると活動的なで自立心がつくといいます。また、知恵そして博愛を刺激するとか。個性的なイメージを演出する時に。

●親指(the thumb)
古代ローマでは婚約指輪以外は、すべてここにはめると、望みがかなうとされていました。

ページトップへ